【無料】マナラがもらえるキャンペーン!
▼無料!【マナラ】プレゼント!▼

野菜スティックダイエットの効果とおすすめディップソース7選!

野菜スティックダイエットの効果とおすすめディップソース7選! ダイエット

空腹を我慢するようなダイエットしていませんか?

空腹と戦うダイエットは、辛いだけではなく体調を崩す原因にもなります。

しかも辛いダイエットは継続することが困難なので、結果的に痩せられないことが多いものです。

そこで今回は、空腹と戦わず健康的に痩せられる「野菜スティックダイエット」をご紹介します。

野菜スティックを食べる習慣をつけるだけで、自然と理想的になスタイルに近づいていけるのでぜひ試してみてくださいね。

スポンサーリンク

野菜スティックダイエットの効果

頑張ってダイエットしているのに、なかなか痩せないという方は、野菜不足が原因かもしれません。

厚生労働省が推奨する1日の野菜摂取量は350gなんですが、20~30代の日本人女性では平均で100g以上不足しているというデータがあります。

しかも日本人の野菜消費量は年間で見てみるとアメリカよりも少なく、お隣の国「韓国」と比べても1/2ほどしかないんです。

こんなにも野菜不足というのは意外かもしれませんが、野菜スティックを上手に利用すれば簡単に野菜不足を解消することができます。

それではここで野菜スティックダイエットの効果を順番に見ていきましょう。

野菜スティックで太りにくい食べ方を実践する!

野菜スティックで太りにくい食べ方を実践する!

私たちの体は、先に食べたものから順番にその栄養素を吸収していくって知ってますか?

つまりパンやご飯などの炭水化物を先に食べると、糖質が真っ先に吸収されることになります。

糖質は血糖値を急激に上昇させるので、すい臓からインスリンというホルモンが必要以上に分泌されてしまいます。

このインスリンは急上昇した血糖値を下げる働きがありますが、その過程で血中の糖分を脂肪に変えてカラダに溜め込んでしまうんです。

反対に野菜を先に食べ始めて、たんぱく質→炭水化物の順番に食べていくと血糖値の上昇が穏やかになるので、インスリンが必要以上に分泌されなくなります。

つまりインスリンが過剰に分泌されることを防げば、脂肪を余計に溜め込むことがないので、太りにくくなるということです。

食べる順番を意識するだけで、同じメニューを食べたとしても太りにくくなるなんて、なんだか得した気分ですよね。

しかもカロリーが低い野菜で空腹状態を落ち着かせれば、エネルギーの総摂取量も自然と抑えられるようになるのも嬉しいポイントです。

野菜スティックを前もって仕込んでストックしておけば、忙しいときでも手軽に野菜を摂取できるので野菜スティックを上手に利用して、太りにくい食べ方を実践したいですね。

野菜スティックで噛む回数を増やして食べすぎを防止する!

野菜スティックで噛む回数を増やして食べすぎを防止する!

昨今は柔らかい食べ物を食べる機会が多いので、昔に比べると噛む回数が極端に減ってきています。

じつはこの噛むという作業が意外にもダイエットに深く関係しているんです。

食事の際に噛む回数が増えれば増えるほど、満腹中枢まんぷくちゅうすうが刺激されて満腹感を得やすくなるため、食べ過ぎを防ぐことができます。

しかも噛むという作業は交感神経も刺激して、ヒスタミンの分泌が活発になります。

このヒスタミンは内蔵脂肪の分解を促進してくれると言われています。

とにかく噛む回数を増やして痩せる「咀嚼そしゃくダイエット」と呼ばれるダイエット法もあるほどなので、食事の際に噛めば噛むほど痩せられると言っても過言ではありませんね。

野菜スティックはサラダなどよりも噛む回数を自然に増やせるので、無意識に咀嚼ダイエットを実践できるというわけです。

野菜スティックを太めにカットすれば、噛む回数をコントロールできるので、上手く調整するといいですね。

間食を野菜スティックに置き換える!

間食を野菜スティックに置き換える!

太る大きな原因になるのが、ついついしてしまいがちな間食です。

小腹が空いたときや口寂しいときに、太るとわかっていても「少しだけなら…」と間食してしまうんですよね^^;

しかもなぜかダイエットの大敵であるチョコレートやポテトチップスなどを好んで食べてしまうものです。

そこで間食のおやつを野菜スティックに置き換えます。

いっけん野菜スティックじゃおやつの代わりにならないと思うかもしれませんが、自分好みのディップソースを数種類用意しておけば、市販のおやつよりもよっぽど満足度の高い間食を楽しむことができます。

そこで次に、とっても美味しいディップソースのレシピをご紹介していきたい思います。

スポンサーリンク

野菜スティックにピッタリなディップソース7選!

自分好みのディップソースを見つけて、野菜スティックダイエットを成功させてくださいね♪

味噌ベースの和風ディップソース

野菜スティックは和風ディップソースでどうそ ۬৺۬
野菜スティックは和風ディップソースでどうそ ۬৺۬

料理名:野菜スティック、ディップソース
作者:とらさんのんたん

■材料(2人分)
味噌 / 大さじ1
すりごま / 小さじ1
マヨネーズ / 小さじ2
醬油 / 小さじ1/2
牛乳 / 小さじ1
パセリ / 少々

■レシピを考えた人のコメント
味噌ベースにしてみました。

詳細を楽天レシピで見る

濃厚チーズ味噌マヨディップ

☆野菜スティックに♪ 濃厚チーズ味噌マヨディップ☆
☆野菜スティックに♪ 濃厚チーズ味噌マヨディップ☆

作者:げんきノンタン

■材料(1人分)
お好みの野菜 / 適量
(今回は大根、人参、きゅうりを使用) /
<ディップソース> /
クリームチーズ / 大さじ1
みそ / 大さじ1
マヨネーズ / 大さじ1
にんにく(チューブ) / 小さじ1/2
パセリ / 少々

■レシピを考えた人のコメント
こってり味が好きな方にお勧めなディップです♪
野菜がパリポリとまらな~い^^

詳細を楽天レシピで見る

ジェノマヨディップソース

野菜スティックにジェノマヨ
野菜スティックにジェノマヨ

料理名:野菜スティックにジェノベーゼマヨネーズ
作者:noamanma

■材料(2~4人分)
ジェノバソース(バジルソース) / 大さじ1
マヨネーズ / 大さじ1
お好みの野菜スティック / 好きなだけ

■レシピを考えた人のコメント
暑いときは
体を冷やす野菜を
たっくさん食べましょう^^

詳細を楽天レシピで見る

マヨ塩麹ディップ

マヨ塩麹ディップでキュウリスティック
マヨ塩麹ディップでキュウリスティック

料理名:マヨネーズと塩麹のディップ
作者:pinkishsky

■材料(1人分)
マヨネーズ / 小さじ1
塩麹 / 小さじ1/2
タバスコ / 7滴
きゅうり(宮崎県産) / 2本

■レシピを考えた人のコメント
簡単で便利です。

詳細を楽天レシピで見る

ツナマヨディップ

野菜スティックに☆ツナマヨディップ
野菜スティックに☆ツナマヨディップ

料理名:ディップ
作者:いとうあつこ

■材料(2~3人分)
ツナ缶 / 1缶
マヨネーズ / 大さじ3~4
牛乳 / 大さじ1
塩 / 小さじ1/2

■レシピを考えた人のコメント
野菜スティックにもクラッカーにもおすすめ◎

詳細を楽天レシピで見る

アボカドマスタードディップ

アボカドマスタードディップ
アボカドマスタードディップ

料理名:ディップ
作者:masya0928

■材料(4人分)
熟したアボカド / 1個
プレーンヨーグルト / 大さじ4
レモン汁 / 大さじ1
マスタード / 小さじ2〜
野菜スティック(キュウリ、人参など) / 4本ずつ

■レシピを考えた人のコメント
アボカドディップにマスタードを入れて、味のアクセントにしてみました。
お好みの野菜は、今回はキュウリ1本、人参(中サイズ)を使いました。

詳細を楽天レシピで見る

ヨーグルトの和風ディップ

ゴマ油と七味唐辛子で★ヨーグルトの和風ディップ
ゴマ油と七味唐辛子で★ヨーグルトの和風ディップ

料理名:ゴマ油と七味唐辛子で★ヨーグルトの和風ディップ
作者:yunachi

■材料(3~4人分)
プレーンヨーグルト(無糖) / 200g
*塩 / 小さじ1/2
*しょう油 / 小さじ1弱
*ゴマ油 /
七味唐辛子 / お好みで
◆野菜スティック / .
きゅうり / 1本
にんじん / 縦に1/3本
大根 / 10cm分の縦半分

■レシピを考えた人のコメント
水切りヨーグルトが和風ディップに変身!野菜スティックにピッタリ♪ゴマ油のコクと七味唐辛子がアクセント★

詳細を楽天レシピで見る

中には漬け過ぎ注意なディップソースもありますが、野菜スティックダイエットで大幅にカロリーダウンしているので、あまり深く考えなくてもいいですよね。

ダイエット成功の秘訣は、とにかく継続することが大切なので、ゆるい感じも時には必要です!^^

 

まとめ

今回は野菜スティックダイエットの効果と野菜スティックにピッタリなディップソースを7つご紹介しました。

食事の際にはまず野菜を先に食べてから、たんぱく質→炭水化物の順番で食べていくと、血糖値の上昇を穏やかにできます。

血糖値の上昇を穏やかにすると、インスリンが必要以上に分泌されないので、余計な脂肪を溜め込まずに済みますね。

そして野菜スティックを太めにカットすれば、噛む回数が自然に増えて満腹中枢を刺激できるので、ついつい食べ過ぎてしまうことも防止できます。

さらに今までの間食を野菜スティックに置き換えれば、大幅に摂取カロリーを削減できるので、想像以上に痩せることができますよ。

野菜スティックダイエットは、空腹感と戦ったり苦しい運動をすることなく、健康的に痩せられるダイエット法です。

精神的にも負担が少なく気軽に実践できるので、今日から理想的なスタイルを目指してみてはいかがでしょうか。

スポンサーリンク