体内にあるコラーゲンの簡単な増やし方を3つ教えます!

体内にあるコラーゲンの簡単な増やし方を3つ教えます! たるみ・ハリ不足対策

コラーゲンをたくさん含んだ食品を食べても、そのまま体内でコラーゲンとして活躍してくれるわけではありません。

なぜならば、摂取したコラーゲンは、消化器官で「アミノ酸」と「タンパク質」に分類されてしまうからです。

もちろん、コラーゲンを作るために必要な栄養素を摂取することは大切ですが、それと同じくらい大切なのが、体内にあるコラーゲンの量を自らのチカラで増やすことなんです。

そこで今回は、体内にあるコラーゲン量の増やし方を3つご紹介します。

体内にあるコラーゲン量を意識的に増やした人の多くが、今までにない効果を実感しているので、ぜひ参考にして試してみてくださいね。

スポンサーリンク

体内にあるコラーゲンの増やし方を3つ教えます!

コラーゲンを体内で作るために必要な栄養素を摂取することも大切ですが、同時に体内のコラーゲンを増やすことが重要です。

手軽に体内のコラーゲンを増やす方法は、主に

  • ヒートショックプロテイン入浴法
  • 家庭用美顔器を利用する方法
  • 筋トレや運動で増やす方法

があります。

それでは、順番に見ていきましょう。

 

ヒートショックプロテイン(HSP)入浴法

ヒートショックプロテイン(HSP)入浴法

もともと体内にあるタンパク質の「ヒートショックプロテイン」を増やすと、弱ったコラーゲンを修復して、健康的な肌を保つことができます。

ヒートショックプロテイン(HSP)を意図的に増やす方法は、40~42℃の湯船に10~20分浸かった後、10~15分間体を保温します。

入浴後の体温を最低10分間37℃以上に保温することで、もっとも効果的にヒートショックプロテインを増やすことができます。

入浴後には、冷たいドリンクを飲みたくなるかもしれませんが、体の保温中は常温または温かい飲み物で水分補給することが大切です。

 

美顔器のRF(ラジオ波)機能を利用する

美顔器のRF(ラジオ波)機能を利用する

ラジオ波(RF)機能を搭載した家庭用の美顔器を利用すると、ヒートショックプロテインを増やすことができます。

家庭用美顔器に搭載されているラジオ波(RF)機能は、皮膚の奥にあるコラーゲンに熱刺激を与えて、コラーゲンの再生を促し肌の弾力を取り戻すことができます。

ようするに、年齢とともに低下するコラーゲンの産生力を強制的に活性化して、肌が自らのチカラでプルプルになっていくという根本的な解決策ということなんですね。

つまり、顔のたるみに悩んだら、まず初めに取り組みたいスキンケア法ということになります。

とはいえ、市販されているRF機能搭載の美顔器の中には低品質な美顔器もあるので注意が必要です。

なので、家庭用のRF美顔器選びは、効果が実感できると評判の商品を選択するのがいいですね。

評判の良いラジオ波機能付きの家庭用美顔器は、下記のページで確認できます。

 おすすめ記事!

ラジオ波(RF)機能搭載のおすすめ家庭用美顔器5選!

 

有酸素運動や筋トレなどの運動

有酸素運動や筋トレなどの運動

ランニングやウォーキングなどの有酸素運動や筋肉トレーニングなどを普段から取り入れることで、体内にあるコラーゲンの生成を促したり維持することができます。

これは、運動をすると新しいコラーゲンを作り出す「線維芽細胞」の働きを活性化できるからです。

また、運動をすると血流が良くなり、摂取したコラーゲンを全身の至るところまで届けてくれます。

ウォーキングなど軽い運動でも効果を得られますが、筋肉トレーニングはコラーゲン生成をより活発にしてくれるのでおすすめです。

つまり、せっかくコラーゲンの材料となる栄養素を積極的に摂取しても、運動不足な状態が続くと体内のコラーゲン量が減少していくので注意が必要です。

ようするに、少しずつでも運動を取り入れることが、健康面はもちろん美容面でも重要ということなんですね。

 

コラーゲンの効果を低下させる食べ物とは?

コラーゲンの効果を低下させる食べ物とは?

コラーゲンを多く含んでいる食品やサプリメントをせっかく摂取しても、コラーゲンの活躍を邪魔してしまう食事があります。

それは、揚げ物などの高脂肪食の取り過ぎです。

高脂肪食を食べすぎると、美肌作りに欠かせないコラーゲンやヒアルロン酸の合成を邪魔してしまいます。

糖分の摂り過ぎにも注意!

また、糖分を摂り過ぎると、コラーゲンを作り出す「線維芽細胞」が弱ってしまう原因になってしまいます。

この線維芽細胞が弱ってしまうと、肌の弾力が失われてたるんでしまうので注意が必要です。

 

コラーゲンを増やそうとすると太る?

コラーゲンを増やそうとすると太る?

体内のコラーゲンを増やそうと考えると、コラーゲンまたはコラーゲンの材料となる肉や魚のタンパク質を十分に摂取する必要があります。

しかし、たくさん食べてしまうと、心配なのが太ること。。

でも、最近は低カロリーなのに、効率良くコラーゲンを増やせる美容ドリンクやサプリメントが市販されているので嬉しいですね。

また、美容ドリンクやサプリメントには、コラーゲンを低分子化したコラーゲンペプチドが使用されているので、体内への吸収が早いのも嬉しいポイントです。

現在、人気のあるおすすめコラーゲンサプリメントは下記からチェックできます。

 おすすめ記事!

おすすめ!人気コラーゲンサプリメント4選!

 

紫外線はコラーゲンを減少させる!

紫外線はコラーゲンを減少させる!

紫外線は、日焼けしてしまうだけではなく、コラーゲン量も減らしてしまいます。

これは、肌に紫外線を浴びると、体内にあるコラーゲンが分解されてしまうからです。

日焼けした肌は、日焼けしていない肌に比べて、コラーゲン量が少ないという研究結果があるので注意しましょう。

とはいえ、紫外線は直射日光を避けても一年中私たちの体に降り注いでいるので、日焼け止めクリームを塗るだけでは十分に防ぐことはできません。

最近は、日焼け止めサプリメントを上手に利用して紫外線対策をサポートする人が増えています。

現在人気のあるおすすめの日焼け止めサプリメントは、下記のページで確認できます。

 ポイント!

おすすめの「飲む日焼け止めサプリ」7選!

 

コラーゲンは健康的な髪や爪も作る!

コラーゲンは健康的な髪や爪も作る!

コラーゲンというと、美肌のための成分と考えがちですが、「爪」や「髪」にとっても欠かせない大切な成分なんです。

年齢とともに、爪がひび割れたり、髪にツヤやハリがなくなる原因の1つにコラーゲン不足があげられます。

体内にコラーゲンが不足していると、人間の体は生きるために必要なことに優先して栄養素を使用するので、皮膚や髪・爪などは後回しになってしまうのです。

つまり、抜け毛による薄毛や白髪に悩んでいる人にとっても、コラーゲンは重要な役割を果たしてくれる栄養素なんですね。

 

コラーゲンで予防できる体のトラブルとは?

コラーゲンが不足すると、肌の老化が加速するというイメージが先行するかもしれません。

しかし、コラーゲンは、私たちの体を正常に機能させることにおいて、想像以上に大切な栄養素なんです。

体内のコラーゲンを増やすことで予防や改善ができる体のトラブルは次の通りです。

  • 骨粗鬆症
  • 動脈硬化
  • 関節痛
  • アレルギー体質
  • 視力・目の疾患
  • 毛髪の悩み
  • 爪トラブル
  • 肌荒れ・傷

ようするに、コラーゲンは、私たち人間が健康的に生きるために欠かせない重要な栄養素ということなんですね。

 

いつからコラーゲンは減少するの?

いつからコラーゲンは減少するの?

体内のコラーゲンは、20代から徐々に減り始めて、40代になると急激に減少していきます。

また、40代以降は、コラーゲンの質も低下していってしまうので、新しいコラーゲンを意識的に増やすことがとても大切になります。

つまり、肌の下にある「真皮」の7~8割はコラーゲンで構成されているので、コラーゲンが減少してスカスカ状態になると、シワやたるみの原因になるというメカニズムなんですね。

小さなシワであれば、スキンケア化粧品で誤魔化すことができるかもしれませんが、深いシワやたるみの場合は体の内側から改善しないと根本的な解決にはならないということです。

 

毛穴の悩みも解消できるコラーゲン!

コラーゲン不足は、毛穴が目立つ原因にもなっています。

コラーゲン不足で弾力を失った肌は、重力に負けて毛穴とともに垂れ下がってしまいます。

垂れ下がった肌は、毛穴を下へ引っ張るので、楕円状の目立つ毛穴になってしまうのです。

ようするに、コラーゲンのチカラでたるんだ肌を改善できれば、自然に目立つ毛穴も解消できるということなんですね、

つまり、毛穴に直接塗布する美容液などのケアよりも、まずはコラーゲンを増やすことがなによりも大切ということになります。

 

ビタミンCも一緒に摂取しないと効果なし?

ビタミンCも一緒に摂取しないと効果なし?

ビタミンCは、コラーゲンの産生に欠かせない重要な成分です。

しかし、人間は体内でビタミンCを作ることができないので、コラーゲンの効果を最大限に引き出すには意識的に摂取する必要があります。

また、ビタミンCは、日焼けなどによるメラニン色素の生成を抑えてくれる役割もあるので、ビタミンCが不足しないように注意しましょう。

 

コラーゲン配合の化粧品ではコラーゲンを増やせない!

コラーゲン配合の化粧品をいくら使用しても体内のコラーゲン量を増やすことはできません。

現在市販されている化粧品では、コラーゲンが減少してスカスカになっている真皮にコラーゲンを届けることはできないからです。

つまり、化粧品では、肌の表面である表皮の角質層までしか浸透しないので、たるみやシワの根本的な解決には至りません。

とはいえ、コラーゲンは、有効な保湿成分でもあるので、乾燥によってできた小じわには効果があります。

ようするに、コラーゲンが配合されている化粧品は、真皮のコラーゲン量を増やすものではなく、カサカサに乾燥した肌を潤して、浅いシワを改善するアイテムということです。

 

コラーゲンの効果が出る期間はどれぐらい?

コラーゲンが豊富な鍋を食べたら、翌朝「肌がプルプルになった♪」というのは気のせいです。

コラーゲンを多く含む食品を食べても、すぐには効果が出ません。

なぜならば、コラーゲンは体内で一度分解されて「アミノ酸」になり、その後合成されてからコラーゲンになるからです。

その期間は、およそ1~3ヶ月はかかると言われているので、前日の食事は次の日のコラーゲン増加には無関係なんです。

つまり、体内のコラーゲン量を維持するには、継続的にコラーゲンまたは、コラーゲンの原料となるタンパク質を摂取し続けることが大切ということです。

 

まとめ

今回は、美容と健康のために欠かせない成分「コラーゲン」の増やし方をご紹介しました。

体内のコラーゲン量を効率良く増やすには、コラーゲンの材料となる食品を意識的に摂取しながら、体内にあるコラーゲンの再生を同時に行うことが重要です。

効率良く新しいコラーゲンを生み出すポイントは、ヒートショックプロテイン入浴法や美顔器のラジオ波(RF)機能を利用して熱刺激を与えるのが有効です。

熱を上手に利用することで、強制的にコラーゲンの産生を促して、いつまでも若々しいお肌と身体を維持していきましょう。